クレジットカードショッピング枠現金化とは?

クレジットカードショッピング枠現金化とは?

クレジットカードには、利用可能なカード総額の中に、ショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。ショッピング枠は、その名のとおり、何か物を購入するために使うための枠です。キャッシング枠は、直接現金を借りるための枠です。それぞれに限度額が決まっており、クレジットカードの利用可能限度額の範囲内で使用することができます。

キャッシング枠について

クレジットカードに設定されているキャッシング枠とは、その名の通りクレジットカードを使用してお金を借りることができる金額を示したものです。直接クレジットカード会社から借金をすることができます。

利用するためには、ATMにカードを入れて暗証番号を入力するだけです。もちろん無制限に借りることができるわけではなく、支払い能力や信用度を加味して最初に上限が設定されています。キャッシング枠が10万円に設定されていると、10万円までお金を借りることができます。

ちなみに、使用限度額が30万円のクレジットカードで、10万円のキャッシングをした場合は、残りのショッピング枠は20万円まで使用することができます。5万円のキャッシングをした場合の、残りのショッピング枠は25万円になります。

通常、キャッシング枠を超えての現金化はできませんが、どうしても現金が手元に必要な場合、ショッピング枠を使った現金化の方法があります。

ショッピング枠を現金化する方法

ショッピング枠というのは、クレジットカードを使用して買い物をすることができる金額の限度額のことです。その限度額を超えなければ、クレジットカードを利用して買い物をすることができます。

クレジットカードというのは基本的に後払いになりますので、あまりに多い金額を使用して、あとから支払うことができないということになるのを防ぐために設定されている金額です。一般的には50万円前後に設定されていますが、問題なく使用していれば信用度があがり、増額されることもあります。

ショッピング枠の現金化とは、この枠の中でまだ残っている金額を使用して買い物をし、手に入れた商品を売ることによって現金化したり、現金化サービスを行っている業者を利用して現金を手に入れることを言います。

一般的にショッピング枠の方がキャッシング枠よりも上限が高く設定されていますので、キャッシング枠を超えてすぐに現金化が必要な場合、ショッピング枠を現金化する方法があります。

ショッピング枠を使って商品券やギフト券などを購入し、転売して現金化を続けると
利用停止になることもあります。個人で現金化をする際も、業者を通して現金化をする際も、自分自身の支払い能力とリスクを考慮して使用しなければいけません。