クレジットカード現金化する前に知っておきたい限度額について

クレジットカード現金化する前に知っておきたい限度額について

通常、クレジットカードには使用限度額が設定されています。クレジットカード現金化を使う場合に、限度額を増やす事は出来るのでしょうか?またショッピング枠現金化を使う際に、現金化出来る額はあらかじめ業者によって決まっているのでしょうか?

多くの場合、収入や支払い状況に応じて、クレジットカード会社が利用限度額を決めています。そしてショッピング枠現金化を使う場合には、必ずこのショッピング枠の利用限度額を知っておく必要があります。

限度額によって現金化できる額が変わる?

クレジットカードの限度額は、「総利用可能枠」と「現在の利用可能枠」の2種類があります。総利用可能枠は、1枚のクレジットカードで使うことができる最大の利用額のことです。現在の利用可能枠は、総利用可能枠から現在までに使用した金額を差し引いた、残りの利用可能額です。

ショッピング枠現金化をする場合、注意して欲しいのが設定されている限度額では無く、現在使えるショッピング枠が対象になるということです。今空いているショッピング枠がショッピング枠現金化の現金化限度額になります。

クレジットカード現金化業者は現金化限度額を決めていませんが、カード利用可能限度額以上の現金化を希望したとしてもできませんし、それ以上のサービスを受ける事は出来ません。

クレジットカードの限度額って増やせるの?

実は、クレジットカードの限度額は自分で増やすことができます。クレジットカード会社に問い合わせを行い、限度額アップの申込みをしてみましょう。ただし、限度額アップは簡単に受付してくれるものではありません。

これまでの支払い実績を確認し、信用を獲得しないと限度額アップ出来ない事もあります。クレジットカード会社はショッピング枠現金化サービスをよく思っていない事がほとんどなので、ここでクレジットカードの現金化を使うために限度額を上げたいと伝えると、NGになります。

申し込みを断られた場合は、別会社で新たにカードを作る方法もありますが、早くても2~3週間ほど時間がかかります。返済能力があるのであれば、いくらショッピング枠現金化を使っても構いません。しかし、クレジットカード現金化ではショッピング枠の空きが限度額と決まっています。

クレジットカードの利用限度額以上のお金を現金化する事はシステム上不可能ですので、ショッピング枠現金化を希望する際は、自分の利用限度額がいくらあるのかを事前に調べておきましょう。