ショッピング枠現金化のデメリット

ショッピング枠現金化のデメリット

銀行や消費者金融などで融資を断られたり、希望の金額に届かなかったために現金を手にすることが出来なかった場合に、クレジットカードのショッピング枠を現金化すればお金を調達することができます。

ショッピング枠の現金化サービスとは、まず現金化業者がキャッシュバックの特典が付いた商品を指定します。次に、その商品を現金化希望者がクレジットカードで決済し購入し、その購入金額に応じたキャッシュバックを現金化希望者が受け取ります。これがショッピング枠現金化の仕組みです。

もちろん利用する上でデメリットもあります。最悪な場合にクレジットカードの利用が止まってしまったり、悪徳業者に騙されることもあります。そんな状況に陥らないように理解し、現金化サービスを利用しましょう。

現金化する際のデメリットは?

  • 低額で現金化を利用した場合に、キャッシュバックの換金率が低くなるため、キャッシング枠を利用したほうが良い場合がある
  • キャッシュバックは購入した商品に対する100%バックではない為、クレジットカード決済した金額よりも実際手にする金額が減る
    *換金率は80%程度が標準
  • 現金化サービスは、クレジットカード会社の規約違反となるため、カード会社にばれると「カード利用停止」最悪の場合、「利用金額の一括請求、強制退会」になる
    *自己破産手続きした場合にも、免責がおりなくなるといった事例も報告されている
  • 現金化のサービスを悪用する悪質業者が存在する。そのため業者選定を慎重に行う必要がある。
    *98%などとありえない換金率、WEBサイトがない、WEBサイトに住所や代表者の名前がないといった業者は要注意
  • 悪質業者に引っ掛かった場合、個人情報の流出、現金の入金がない、言われた金額より入金額が圧倒的に少ないといった懸念があります。
    *闇金から頻繁に勧誘電話が来る様になったり、夜中でも連絡がくるといった事例が報告されている

現金化を使いすぎ、多重債務になっては元も子もありません。上記の内容をよく読み考えて行動するようにしましょう。